インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!

アクセスカウンタ

zoom RSS 線路落ち、その後のうどん屋出世物語

<<   作成日時 : 2017/05/01 14:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日のブログ記事で書いた「私が駅のホームから線路に落ちた事件」から数週間
たって再び友人Kが働くうどん屋に行った。

久しぶりに会ったKは、生き生きと働いていた。私が線路に落ちた話をすると笑って
いた。    今回は冷や酒は飲まずに、うどんを食べて帰った。Kの元気そうな姿に
安心した。

Kは2年ほど私と同じ会社で働いたが違う道を見つけたいと言って美容院で働くこと
を決めた。退職前にパチンコを止めると宣言し、最後のパチンコだと言って、2,000円
分の玉を買って、最後のパチンコだと自分に言い聞かせながら玉を弾き、玉が無く
なるとキッパリ止めた。

Kが退職して1年後、美容院で働いていると思っていたら「うどん屋」に変わったという
情報が入って来た。


恐縮ですが、押し忘れ防止のため
早めのクリックにご協力を!

    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ





美容院は短期間で辞めたが「うどん屋」は長く続いた。一生の仕事を見つけたようだ
った。

勤めていた「うどん屋」は岡崎の旧市街に古い店舗を構えていたが、郊外の国道沿
いに大きな店を造り移転した。

そこは一般客が立ち寄る建屋の他に、団体用の宴会ができる建屋そしてケーキの
製造販売所と店の商品の直売所を併設していた。

そのころKは結婚していて、奥さんはここのケーキショップでバターケーキを作って
いた。

その後、別の場所にうどん屋や料亭を出店して店は拡大していき、店舗拡大に貢献
したKは専務取締役に就任した。

私も店に家族で行ったり、職場の忘年会で利用したがKは忙しい中でも挨拶に来て
くれた。

Kは「来年にはハワイに支店を出すんだ」と嬉しそうに語っていた。


ハワイ進出のニュースを楽しみにしていた私に、思いもよらぬニュースが飛び込んで
きた。


数か月後、新聞で「○○屋、倒産」の記事を目にして驚いた!Kが働くうどん屋だった。

Kと奥さんのことが気になったが、また復活することを信じていた。


それから数年後、Kが東岡崎駅前通りに「うどん屋」を開店したことを知った。

それから20年ほどたつが、Kのうどん屋は常連さんなどに支えらえて続いている。

名鉄東岡崎駅から西に200mほど行った場所にKの店はある。

こじんまりとした店に入ると、うどんを造るKと、その隣でバターケーキを売っている
奥さんが笑顔で迎えてくれる。

店の名前は「がんこ親父」という。


画像
   うどん屋 「がんこ親父」




もし、読まれた記事が「参考になった」「面白い」などと感じられ、かつ、バナーを
押すお時間のある方は、誠に恐縮ですがバナー【四角いタイ情報の枠】のクリックを
お願い申し上げます


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
線路落ち、その後のうどん屋出世物語 インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる