インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!

アクセスカウンタ

zoom RSS 進展しない日本の受動喫煙防止法案とタイの禁煙事情

<<   作成日時 : 2017/04/21 18:32   >>

トラックバック 0 / コメント 7

厚労省は、2020年の東京オリンピックまでに「受動喫煙防止法」を施行しようとしている
が「たばこ議連」が反発し進展していない。

自民党たばこ議連には、野田毅会長を初め、麻生太郎、大島理森 石破茂 石原伸晃
などの大物議員が名を連ね、厚労省の説得など通りそうもない模様だ。

【ニュース記事より】
 永田町でたばこ論争が火を噴いている。屋内でたばこを原則的に吸えなくする
 政府の方針に、たばこ議連らが大反発。収束するめどは立っておらず、所管の
 厚生労働省は 焦りをにじませる。

 政府が本腰を入れる背景には、2020年東京五輪・パラリンピックを控え、国際
 オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)が「たばこのない五輪」を求め
 ている事情がある。2004年以降の開都市はすべて罰則を伴う防止策を導入して
 いる

 世界保健機関(WHO)のたばこ規制枠組み条約が05年に発効し、諸外国では飲
 食店を含め公共の場を屋内全面禁煙にする法制化が進んだ。だが、日本では屋
 内禁煙は努力義務にとどまる。WHOは、14年末に日本の対応を「世界で最低レベ
 ル」と酷評した。

 
恐縮ですが、押し忘れ防止のため
早めのクリックにご協力を!

    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ




この話を聞いて、タイの禁煙事情を思い出した。

タイも「路上禁煙(指定場所)」のみだったが、2008年に「禁煙法」が施行され 『冷房の
きいた屋内施設では、全面禁煙』になった。

私が日本の会社を早期退職し、タイに就職したのが2008年の7月なので禁煙法が施行
されて5か月後になる。

施行前は「禁煙法が徹底されることは無理だろう」という見方があったが。いざフタを
明けてみると、指定された場所では禁煙が徹底されていた。

タイの場合、暑いので一年中エアコンが作動していて、ホテル、レストラン、バー。居酒屋
など殆どの施設が禁煙対象になる。

郊外や川沿いのレストランはオープンテラスが多く、ここは禁煙対象にはならない。

2008年7月からタイで生活するようになり、禁煙法施行後のタイの禁煙事情をいろんな場
所で実感した。

ホテルの場合、部屋は喫煙ルームなら吸えるが、ロビーやレストランは禁煙になり、ロビー
内にあった灰皿はホテルの外に置かれた。

レストランも一年中冷房が効いているので禁煙になり、灰皿は外に喫煙コーナーが設けら
れた。

私がよく行く居酒屋も禁煙になり、店の外に灰皿が置かれるようになったので、タバコが吸
いたくなったら外に出て吸っていた。

最初は不便に感じたが、時々外の空気を吸うのは気分転換になるし、他の客に迷惑をかけ
ない安心感もあった。

しかし、そこは大らか?なタイのこと、居酒屋によっては2階以上なら灰皿を置いたり、全階
灰皿がある店もあったが、そんな店でも外で吸うようにした。

喫煙者も、できたら周囲の人に迷惑をかけずにタバコを吸いたいので、タイの禁煙事情は
心地よいものになった。

3年前、日本に帰国してから日本の禁煙環境の中で生活しているが、まだ慣れないところが
ある。 喫茶店や居酒屋では喫煙できるし、床屋の待合にも灰皿がある。

タイのような禁煙事情なら日本の愛煙家も対応できると思うのだが・・!



もし、読まれた記事が「参考になった」「面白い」などと感じられ、かつ、バナーを
押すお時間のある方は、誠に恐縮ですがバナー【四角いタイ情報の枠】のクリックを
お願い申し上げます


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
サバーイさん、受動喫煙のことなのだけど、凄く素朴な疑問なんです。
少なくても僕が子供の頃、女の人まで喫煙をしていて、父ちゃんも母ちゃんも喫煙している茶の間で育ちました。
「紫煙をくゆらす」なんて言葉もあり、煙草を吸うのは大人のたしなみだったんですよね。
でも、だからといってWHOの言うような呼吸器系の病に苦しんでいるヤツは皆無なんですよ。

続く
レンジでチン
2017/04/21 19:17
今ね、例えば交通事故で骨折して入院しても「禁煙しろ!」と医者に言われる時代だけど、受動喫煙でさんざんな目に遭っているヤツを目の当たりにしていないから、そこのあたりを詳しく説明して欲しいです。
だいたい事の始まりは肺癌で夫を亡くしたクソ女房がフィリプモーリス社を「おまえのところが煙草さえ売らなければ」と訴訟を起こし、アホ裁判官によって何百億円をせしめるという裁判があってから、損害賠償の芽を事前に処理しちゃおうというのが、今の受動喫煙の始まりだったような。
レンジでチン
2017/04/21 19:41
レンジでチンさん、私の親父もタバコを吸っていましたが
家族で受動喫煙による症状が出た者はいないですね。
医学の進歩で何か発見されたんでしょうか?
その経緯は知りたいところです。
私はインドで脳梗塞になり、緊急帰国して日本で検査を受け
医者にタバコも酒も止めないと早死にするよ!と言われましたが
医者の言い方に説得力がなかったので、どちらも止めずにいます。
サバーイ
2017/04/21 21:36
サバーイさんお久しぶりです。
30代で喫煙をやめました。
理由は2箱吸うようになったからでした。
喫煙者、非喫煙者の気持ちもわかりますが、マナーの問題と思ってます。
1、室内での喫煙はどうしてもタバコの臭さが気になります。
2、外での歩きタバコ(火のついたタバコを腰の位置で持ち歩いている)危ないです。
3、吸殻のポイ捨て(吸殻だけでなく普通のゴミ捨てもありますが)
こんなこと少しだけ気を使って喫煙してもらえるとありがたいと思ってます。

ところで今月歯の治療で日本に一時帰ります。
やっとサバーイさんの本が読めます。
どんなんかワクワクです。
nyi-nyi-
2017/04/22 09:19
nyi-nyi-さん、ご無沙汰しています。
タバコ止められたこと、尊敬します。
喫煙者と非喫煙者が共生する以上、迷惑をかけないように
気を使うことは当然だと思います。

本を読んでいただけるとは光栄です。参考になれば
嬉しい限りです。
サバーイ
2017/04/22 10:32
今日は。
<タバコは動くアクセサリー(?)>なんて言う古いコピーが有りました。
マナーの問題だとも思うのですが…。
小生も元・喫煙者。
唯、吸える場所が限られる(特に海外では多いですよね)、本数も増えた(酒飲むと2箱)又、値段も上がったりしたのが止めた理由ですかね…。

eddy
2017/04/22 16:32
eddyさん、こんにちは。
マナーが大事ですね。
私は以前に比べタバコの本数を半減していますが
禁煙まではできずにいます。
サバーイ
2017/04/22 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
進展しない日本の受動喫煙防止法案とタイの禁煙事情 インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる