インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「寝ることだけが楽しみだ」と語っていた老婆

<<   作成日時 : 2017/04/05 15:39   >>

トラックバック 0 / コメント 8

私が20才のころ会社の寮を出て、アパートを借り生活するようになった。
木造2階建てで各階4部屋づつ計8部屋だった。

アパートは名鉄の新安城駅から徒歩10分ほどの距離にあり、名鉄 西尾線が
すぐそばを通っていたが、終電が午後10時ころだったので、夜中 騒音に悩ま
されることはなかった。

私の部屋は2階の東の角部屋だった。


ある夏、台風が愛知県を直撃したことがあった。深夜になってアパートの周辺
も強風が吹き荒れた。

私の部屋は東の角部屋なので、東からの強風が薄い壁を直撃する。恐る恐る
壁に手を押し当ててみたら・・・ゾーッとした。

強風が吹く度に壁が内側に大きく湾曲していた。南側の窓ガラスも湾曲している。

私は怖くなった。


恐縮ですが、押し忘れ防止のため
早めのクリックにご協力を!

    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ




窓ガラスが吹き飛んだり、壁が破れることを想定して、対策をとることにした。

壁や窓から離れた部屋の中央に椅子を置いた。

そして、バイク用のヘルメットを被りバットを持って椅子に座った。

こうして一睡もせずに「いざ」という時に備えて身構え続けた。


長い長い夜が終わり、朝が来るとアパートの上空には台風一過の青空が広がっ
ていた。


こんなこともあった。
私の部屋の下の階の住人は少し怖そうな職業の人のようだった。

ある日のこと1階の住人である坊主刈りの男性が私の部屋にパンツ一丁でやっ
て来て「洗濯物の水滴が1階に落ちている」と言った。
「すみません」と謝ると丸坊主は何も言わずに帰っていった。



アパートの大家は70才過ぎのお婆さんで、このアパートの1階の角部屋に住ん
でいた。小柄な女性で、家賃収入だけで生活しているのか、いつも質素な
服装だった。

私は毎月、家賃を払いに大家の部屋を訪ねた。大家はいつも無表情な顔で迎え
るが、世間話程度は交していた。

その老婆がよく口にしたのが「私は寝ることだけが楽しみだ!」だった。

20才そこそこの私には「年を取ることは寂しいことだな」ぐらいにしか感じなかった。

そして今、その時の大家の年齢に近づき、毎晩寝床に入るたびに「寝ることだけ
が楽しみだ」という言葉を思い出す。

老婆の気持ちが分かるようになったが、まだまだ楽しみはたくさんある。
「寝るだけが楽しみ」にはならないように生きていきたい!



もし、読まれた記事が「参考になった」「面白い」などと感じられ、かつ、バナーを
押すお時間のある方は、誠に恐縮ですがバナー【四角いタイ情報の枠】のクリックを
お願い申し上げます


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
サバーイさん、僕も思ったことあります。
タイに赴任したての頃、タイ人の国民性だとか、理不尽以外には考えられない社会の仕組みだとか、よく言えばカルチャーショック?
そのカルチャーショックに疲れ果てたり、僕をタイに赴任させた先輩や教授を恨んだり、休みの日には部屋の鍵を閉めたまま1歩たりとも出歩かず、「あ々々、こうして寝ているのが一番楽だ♪」
あのときマヂで、このまま明日も明後日も寝ていよう。なんて思ったり。

大家さんのバアバア、ただ単に姿勢(寝ている)のことじゃなくて、世間との関わりのことを表していたのかも?
例えば老楽の恋にやぶれて疲れ果て、「寝ているのが一番」みたいな。


レンジでチン
2017/04/05 20:15
レンジでチンさん、なるほど!な説ですね。
寝るというか、世間との付き合いを絶つ・・という気持ちは
分かります。
でも、一日中布団の中で横になるのは耐えられそうにもありません。
サバーイ
2017/04/05 20:37
そう、そうなんですよね。
固く閉ざした部屋の鍵なんだけど、夕方になると「コー」とか言いながら100B札を短パンのポケットに入れて、パクソイのカイヤーン屋台に行ったり。
本当に寝たきり(世間との関わりを絶つ)になったら、そりゃ引きこもりで精神疾患ですもん。

でも、イサーンに行って、やる気が全くないヤツが夕方に「コー」とか言いながら隣の家の庭先からパクチーを採っていると、「おまえな・・・ パクチーくらい自分ちの庭先で育てろや!」とか思いますよね。
あんなもん(パクチー)種を撒いておけば、なんもしないで育つのに。←雑草扱い


レンジでチン
2017/04/05 21:47
レンジでチンさん、パクチーですか・・・
タイ料理は大好きですが、パクチーだけは無理でした。
いつも「マイ サイ パクチー」と言っていました。
日本でもパクチーがブームのようですが・・・
サバーイ
2017/04/06 06:49
お久しぶりです。
<寝る事だけ…。>う〜ん万年寝不足の小生にとっては、羨ましい事の様に思われますが…。
浮き草稼業の小生には、リタイヤしてからゆっくりと睡眠を摂らせていただきましょうか?

あははは〜、パクチー(カメムシ草)サバーイさん、NGでしたもんね(笑)
そういえば、タイ在住時、市場に野菜を買いに行くと勝手に野菜に中に入れられていた事が毎回有りましたっけ…。
良い時代だったのかも知れません…。(ジジイ)
eddy
2017/04/06 11:07
eddyさん、お元気でよかったです。
パクチーを勝手に入れてくれるとはパクチー好きには
たまらないですね。
でもパクチー嫌いには迷惑です!
サバーイ
2017/04/06 11:29
もっと高齢の方ですが
朝 目が覚めた時 まだ生かされてる・・と思うと
嬉しくなると言われました。
私も 若い時は 思い切り寝たいと思ったのに
今では 目覚ましなしで早朝にきちんと起きます、
面白いですね♪
黒ラベル
2017/04/06 20:10
黒ラベルさん、私もあと10年もしたら「今日も生きてた」と
朝起きるようになりそうです。
黒ラベルさん同様、毎朝5時過ぎには目が覚めます。
サバーイ
2017/04/06 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
「寝ることだけが楽しみだ」と語っていた老婆 インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる