インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!

アクセスカウンタ

zoom RSS スキーに出会い、熱中したころ

<<   作成日時 : 2017/03/29 14:00   >>

トラックバック 0 / コメント 6

私がスキーを始めたのは25才のころだった。それまではスキーには全く興味がなく
道楽者の遊びぐらいに思っていた。

25才の夏に、会社の同僚たちと三重県にある御在所岳に登った。頂上に着いて
休憩しているとき同僚が「今年の冬にスキーに行くけど、一緒に行こうよ」と
誘った。

本当は行きたくなかったが、頼まれると断れない性分なので渋々ながら同行する
ことにした。

そして、冬が迫って来た。私は何事も「形」から入るタイプなので、まずは
スキーの入門書を買って研究した。本には「自分に合ったスキー用具を使うこと!」
と書いてあったので、道具を買うことにした。



恐縮ですが、押し忘れ防止のため
早めのクリックにご協力を!

    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ





当時のスキー板は「ショートスキーが良い!」と言われ始めた時代だった。それまで
はスキー板の長さは身長+30pだった。

スポーツ店に行き、スキー靴、スキー板、ストック、そしてスキーウエアを購入した。
板はこの年くらいからスキー板に進出したヤマハの板で身長と同じサイズにした。
ウエアは初心者なので目立たない地味な紺色にした。

本を読んでスキー場の知識を吸収した。乾燥室がある・・・など想像するしかなかっ
た。 冬が近づいて行った。 初スキーは年末だった。



我々を乗せた車が松本を通り大町に地下ずく青木湖に近づくあたりから、道路沿い
にスキー場の看板が多くなった。「海水浴場みたいだな」と感動していると宿に到着
した。 早速準備をしてスキー場に向かった。

私の初スキーは長野県の白馬岩岳スキー場だった。同僚に転び方から教えてもらい
練習した。 半日もするとボーゲンで回れるようになった。 しかし、私はボーゲンの
格好が好きではなかった。 脚を開いて滑るボーゲンはそこそこに、脚を平行にして
滑るパラレルを練習した。

2日目は白馬八方尾根スキー場に連れて行かれた。ゴンドラの終点からゲレンデを
見るとコブだらけの急斜面だった。必死の思いで滑り下りたら麓付近に平均斜度8度
の優しいゲレンデが待っていた。

初めてのスキーは私を夢中にさせた。年が明けると、スキーツアーや友人のスキー
旅行に積極的に参加した。こうして1年目のシーズンが終わった。



2年目は夏からスキーシーズンが待ち遠しく、冬が来たら真っ先にスキーに行きたい
と思い、早く滑れるスキー場を探した。 その結果、群馬県の谷川岳天神平スキー場
がゲレンデがあるスキー場では一番早く滑れることが分かった。

そして11月、夜行列車で天神平スキー場に一人で行った。

これを皮切りに機会があればスキー場に行った。 主に大糸線沿線のスキー場 白馬
五竜、青木湖、佐野坂、鹿島槍、栂池、小谷スキー場や、岐阜県のスキー場(船山、
流葉、大日岳、朴ノ木平など)をホームゲレンデにした。

スキーの楽しみにはアルコールも欠かせない。私はいつもマイグラスを持参してバスや
電車の車中、宿での飲酒を楽しんだ・

飲むのはウイスキーなので氷が必要だ。まだコンビニもない時代で氷の調達には苦労
したが、電車の場合は出発前に駅近のパブやスナックで調達した。

スキー場の宿ではもっぱら屋根にできたツララを使った。スキー場で味わうツララロック
は最高だった。ただ昼間のうちにツララを吟味しておく必要がある。場所によっては
黄色いツララや黒ずんだツララがあるからだ。

こんなスキー熱中時代は20代の終わりまで続いた。



もし、読まれた記事が「参考になった」「面白い」などと感じられ、かつ、バナーを
押すお時間のある方は、誠に恐縮ですがバナー【四角いタイ情報の枠】のクリックを
お願い申し上げます


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
サバーイさん、僕らの時代は「私をスキーに連れてって」のど真ん中だから、猫も杓子も冬は誰もがスキー場に向かいました。
友人たちに連れていかれた初スキー場では、「レンジ! おまえ(スキー教室)半日コースでもいいから入って基本を習ってこい! 上達が早いから。」

スキー教室は、板の装着を習うと、ひたすらカニ歩きでゲレンデの裾のを歩くだけ。
友人たちは、リフトで楽々登っているのに、なんでカニ歩き?
3分でバカバカしくなって、スキー教室を中退しちゃいました。


レンジでチン
2017/03/29 17:02
レンジでチンさん、あの時代でしたか!
スキー教室で習うのが上達は早いし基本も身に着くと
思いますが、カニ歩きばかりでは嫌になりますね。
サバーイ
2017/03/29 17:49
サバーイさん、こんにちは。

あらためて、サバーイさんの、行動力、集中力、実行力に
感銘しました。

青春時代の生き方そのままに、今も新しいことに次々と挑戦し、
しかもどれも徹底的に準備し実行していく。
自分に欠けていることばかりです。

スキーに関しても、まさにその通りです。
上司の音頭で、30歳の時に無理やり連れて行かれたスキー場で、
文字通り散々な目に遭って、それきりになってしまいました。

そんな経験をしたこともあり、子供たちをスキー場に連れて行ってあげることもなく、
かわいそうなことをしたなぁ、と反省しきりです。
るぼの
2017/03/30 10:56
るぼのさん、こんにちは。
私の虚栄心からの行動で、何事も始めるからには
早く上達して人から「カッコイイ!」と思われたいんでしょうね。

私も結婚してからはスキーに行くことはなく子供にも教えること
ができませんでした。
子供も勝手にいろんなことにチャレンジすると思います。
サバーイ
2017/03/30 11:05
ご無沙汰してます
スキーは今でも たまに行きますよ数年に一度くらいですが。
幼馴染から誘いがあります 只し道具は現地レンタルで ゲレンデにいる時間は
ほんのちょっと アフターばっかりです   子供がいない事を除けば人生、今が
一番良い時かもしれませんね 今度 嫁さんとスキー行こうかな?
 
一人で海外に遊びに行くのはやめました。   

 
いけ
2017/03/30 21:10
いけさん、お久しぶりです。
スキーは現役ですか! お元気ですばらしいです。
先日、テレビで高齢者の方がスキー場に通われている
映像を見ました。羨ましかった。

一人での海外旅行は卒業されたんですね。
サバーイ
2017/03/30 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
スキーに出会い、熱中したころ インドへGO!そしてタイ  今は日本 いつかまた!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる